ホーム > 企業情報 > 沿革

企業情報

沿革

1975年  1月
株式会社本田興業を設立
日産自動車(株)九州工場の清掃を主体として工場全般のメンテナンス業務を開始
1983年  2月
本田マシナリー(株)を横浜に設立
日産自動車(株)テクニカルセンターの製図翻訳の業務を開始する
1986年  1月
東京営業所を開設
(株)日産コーエーの宣伝資料の発送及び整備要領書の編集業務を開始する
1987年  6月
代表取締役社長に本田啓一就任
創業者本田留雄社長の死去に伴い、本田啓一が社長に就任する
1987年  10月
(株)ホマックに社名変更
本田マシナリー(株)の業務改革に伴い社名を(株)ホマックに変更する
1988年  9月
新橋営業所を開設
(株)プラスワン企画の経営及び、業務を引き継ぎ新橋営業所を開設する
1988年  11月
(株)ヘッズに社名変更
(株)本田興業と(株)ホマックを合併し、九州事業部・東京事業部を開設する
1991年  6月
九州事業部に製作部門開設
1992年  4月
情報システム北九州営業所開設
コンピューターソフト開発事業を展開
1992年  10月
横浜設計室を本社に移転し設計部門と製作部門を統合
九州事業部にシステム設計課を新設する
1993年  4月
情報システム課を北九州営業所から本社に移転する
1994年  5月
新橋営業所を閉鎖し、東京事業部を羽村営業所に移転する
1995年  4月
モーター制御商品の開発事業を開始する
1996年  6月
情報システム課をシステム設計課に統合
コンピューターソフト開発からモーター制御商品のソフト開発に業務を拡張、省力化機器の充実とモーター制御商品の充実を図る
1998年  1月
九州事業部内に商品開発準備室を開設
モーター制御商品並びに新商品の開発を強化する
1998年  4月
福祉機器開発事業を開始する
1999年  10月
高効率、軽量小型のアーク溶接機の開発に着手する
2000年  4月
東京事業部を武蔵村山市に移転する
2000年  4月
車椅子走行安全装置の開発がNEDO福祉用具開発助成の対象に認定される
2000年  8月
開発試作中の車椅子走行安全装置が日本リハビリテーション工学協会福祉機器コンテストで優秀賞を受賞
2001年  1月
システム設計課と商品開発準備室を統合しハイクス事業部を開設
自社オリジナル商品の拡販を強化する
2001年  3月
NEDO福祉用具開発助成金により、車椅子走行安全装置の開発に成功
商品化に取り組む
2001年  6月
高効率、軽量小型のアーク溶接機の開発に成功
販売を開始
2003年  1月
小型バッテリー溶接機ナノアーク5500を発売開始
2006年  1月
ナノアーク5500の後継機ナノアーク6000を発売開始
2006年  7月
ハイクス事業部の増員により営業、技術、生産部門を強化
2006年  10月
AGVの制御技術改善により多機能機種の製作を開始
2007年  2月
メンテナンス課を事業部に昇格
事業強化を図る
2007年  8月
業務拡張によりHICS事業部に営業技術1〜3課、AGV開発プロジェクトを新設
AGV及び自動車設備機器の設計体制の強化と効率化を図る
2007年  8月
非接触自動充電器の伝導率改良により高効率充電器の制作を開始
2008年  7月
福岡県ロボット開発技術強化事業に認定され開発助成を受ける
2009年  4月
非接触自動充電器の高効率充電に成功AGV用向けに販売開始をする
2009年  4月
グループ会社ファイブエージャパン(株)が派遣事業を開始する
2010年  7月
財団法人北九州産業学術推進機構より低炭素化技術拠点形成事業のミニ実証に選定され走行充電システムの開発をおこなう
2011年  4月
品質検査業務の拡大、及び自動車部品の製造業務開始に伴い、メンテナンス事業部を統合しMF事業部を新設
2011年  12月
MF事業部 製造課 において品質マネジメントシステム(ISO9001:2008)を認証取得
2012年  4月
シンガポールにシステムエンジニアリング会社を設立する
2013年  2月
ヘッズアッセンブリーパイプの販売を開始する
2013年  7月
タイにシステムエンジニアリング会社を設立する
2014年  1月
ヘッズハイテクパーク業務開始 8,000坪
2014年  1月
ロボット事業開始
2014年  12月
ヘッズハイテクパーク内 800坪増築完成
2015年  1月
創立40周年を迎える